嗚呼!京王帝都 井の頭線

京王帝都 井の頭線のNゲージによる模型化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮組 -3-

随分間が空いてしまいました。だからと言って何もしていないかったのではありません。漸く、篠原のスイッチ・マシンが手に入ったので、ダブル・クロッシングを裏から作動させるように作ってみました。

昔の天賞堂、カツミ、カワイ、エンドウ(OEMでメーカーは同じらしい)のスイッチ・マシンの様に補助の逆転スイッチが付いていないので、場合によっては、別途リレーを使って逆転スイッチの機能を持たせなくてはなりませんが、篠原製はコンパクトに出来ているので使いやすいと思いましたね。

渋谷駅のホームの先端で、ダブル・クロッシングの動きを観察すると・・・

① 1番線から下り方向へ発車 (下り線定位側)
② 上り方向から、1番線入線 (上り線下り側、下り線上り側:分岐側)
③ 2番線から下り方向へ発車 (上り線上り側、下り線下り側:分岐側) 
④ 上り方向から、2番線入線 (上り線定位側)

この繰り返しのパターンで動いていたので、ポイントの動き方は昔と変わっていないのだろうと思いスイッチ・マシンを4基取り付けました。スローアクション・スイッチ・マシン1基で4つのポイントを同時に動かすのは、おもちゃっぽい上に、ロッドの作動が難しそうです。

それにしても、飽きもせずホームの端でじーっとポイントの動きを見つめて居たので、「危ない人」が居ると思われたのではないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。