嗚呼!京王帝都 井の頭線

京王帝都 井の頭線のNゲージによる模型化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画に見る井の頭線 -6- 

「殺人容疑者」 新東宝 1952年

500 1952年 銀座線資材置き場

スター俳優を起用せず、全編を街頭ロケで撮影した、セミ・ドキュメンタリーの先駆的作品だという。所謂、刑事物には、繁華街の風景はお約束なので、渋谷の様子が残されていないか期待が高まるのだ。

カメラを据えたこの場所は、現在、東京メトロの渋谷運転事務室になっているが、当時は銀座線の資材置き場だった。加山雄三の「銀座の若大将」にも登場する場所である。

1952年というと、東急百貨店西館の姿がまだないのである。西館が出来る前の姿については、映画「恋文」のラストシーンを見て頂ければよいと思う。井の頭線は、銀座線の高架より低い位置にあるので、ここからはホームを見渡すことはできない。駅ビル(京王ビル)も1960年の落成であり、当然出来ていないから、井の頭線がどこにあるのかは、僅かに「井の頭線」というネオンで分かる程度だが、大和田横町に架かる橋梁の手前に詰所らしき建物も見える。1960年にはホーム延長と上り線橋梁の改修のためこの建物は撤去されたようだ。そして、拡幅される前の銀座線の高架の姿も見える。

500 1952 年 玉電橋脚

この時代は、井の頭線と東横百貨店西館の連絡橋が拡幅されていないので、写真中央の駐車禁止の標識のの右側に、玉電のガード下の四本の橋脚が影にはいらずよく見えている。


1952年 殺人容疑者 玉電橋脚 井の頭線入口階段

玉電の橋脚を別のアングルからみたもの。山の手線の橋脚等に見られるお馴染みのタイプ。

それにしても、今の渋谷の賑わいとは打って変わって何とも貧しげな時代である。この「殺人容疑者」には、ウルトラマンの科学捜査隊隊長だった小林昭二氏、東宝特撮シリーズで活躍した土屋嘉男氏、そして丹波哲郎氏の若き日の姿がある。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。