嗚呼!京王帝都 井の頭線

京王帝都 井の頭線のNゲージによる模型化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画に見る井の頭線

スカパーで見るデジタル・リマスターのハイビジョン化した古い映画はいいですよ。古い映画の中には、説明的なシーンで駅や昔の電車、車、失われた風景が出て来て興味は尽きないですね。これを見逃す訳にはゆきません。私鉄では東急が多いようですが、マイナーながら昔の井の頭線も数本の映画の中に登場します。現段階で分かっているものでは、

「おさな妻」(高橋恵子 1970年大映)、「関東女賭博師」(江波杏子 1968年大映)「女賭博師丁半旅」(江波杏子 1969年大映) : 神泉の踏切、3000系

「結婚の条件」(浅丘ルリ子、山田吾一 1963年日活):旧高井戸駅に於ける新塗装のグリーン車

「宇宙人東京に現る」(見明凡太郎 1956年大映):旧高井戸駅に於ける旧塗装の1900型

「黒い斜面」(加藤 剛、市原悦子 1971年松竹):京王ビルと東急百貨店との旧連絡橋の内部。ベージュの人造石研ぎ出しを貼った八角形の柱が特徴です。

「大学のお姐ちゃん」 東宝:下北沢の高架に於ける1800型 

タイトル失念 吉永小百合、松山英太郎 日活:駒場東大付近に於ける旧塗装旧1000系

あと、私はまだ見ていませんが「狼と豚と人間」1964年東映で渋谷駅のホームのシーンがあるのだそうです。


ネタが出来次第UPしてゆきましょう。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。