嗚呼!京王帝都 井の頭線

京王帝都 井の頭線のNゲージによる模型化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮組 -1-

ベニヤを切り、コルクシートを貼って、レールを仮止、ベニヤ製のコマの上に載せてみました。写真は、下り方向から眺めた状態です。手前のレールが浮いた部分にはガーター・ブリッジを設けなければなりませんが、これが問題なのです。奇ッ怪にも上りと下りでは形状が異なっていたのです。

寸法は、ゼンリン住宅地図(縮尺1/1500)を10倍に拡大したものより少し長めにしておきました。主役はあくまで電車の方で、模型の電車を載せてみないと具合が掴めないないからです。長いようなら詰めればいいのです。Nゲージの電車の編成は、カプラーの長さの問題から実物の編成のスケールよりより長くなってしまいます。
トミックスのNTカプラーでも妻板間は5ミリ、アーノルド型なら7ミリ、一方スケールでは、3.3ミリという訳で、連結面の数に差を掛けてやれば補正出来る筈です。

レールは、篠原のフレキシブル・レール#70。やっぱりレールは篠原ですね。


暫く、この状態で眺めてから考えましょう。



仮組 1
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。