嗚呼!京王帝都 井の頭線

京王帝都 井の頭線のNゲージによる模型化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮組 -2-

ホームの架台が出来たので空中写真風に上から撮影してみました。

縮尺1/1500の地図を10倍に拡大したものと並べてみると、現状では4センチ弱長めになっているのですよ。
模型の場合、カプラーが実物より長くなる分を考慮して5両編成で10ミリ~15ミリ長くすればよいとよいと考えているので、後で適宜詰めてやりましょう。ご覧の様に1番線の降車用ホームが地図では省略されていて、更に、真ん中のホームの下側左約1/4が僅かに左上がり、同様に右約1/4が右下がりになっている様子も地図では省略されているのです。goo地図の古写真・昭和38年版空中写真を参考に変化を付けてみました。

いくつかの写真を見てみると、実物のホームの架台は左半分(下り方向)は古レールかアングル材で組まれていて透け透けだったようですが、詳細は判然としないので、とりあえず木製の仮設で進めることにしました。あまり細かいことに拘っていると何時までたっても形にならないのです。


地図との比較 縮小
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。